お役立ち情報

●中途入社は挨拶で印象が変わる!!転職の際の注意点は!!

24-(お役立ち情報)中途入社の挨拶~注意点とサンプル集~(320x240)近年はキャリアアップのための転職や、職場環境を変えるための転職も珍しくなくなっています。ブラック企業という言葉が定着し、残業や休日出勤に対するイメージも変わってきており、今後は良好な職場環境を用意する企業が増え、業績が伸びてくる可能性も高まっています。
景気動向の変化や、即戦力確保の観点から中途採用も活発化しており、能力や経験で出世の道が開けるケースも多くなっています。一方で、職場環境の変化になじめない人も多く、最初の出だしでつまずいて転職してしま人も少なくないのです。
最も注意する点は、中途入社初日の挨拶です。第一印象で職場の人間関係が左右されることも多く、悪い印象からスタートしてしまうとコミュニケーションがとり辛く、円満な関係を構築し辛くなってしまいます。
自分の前職の情報をコンパクトにまとめ、親しみやすさとやる気を打ち出していくのが最も重要と言えます。特に同僚に積極的に声をかけているかどうかは声の印象や姿勢でも変わってくるため、うつむいてぼそぼそとしゃべるような挨拶は避けるべきです。
初日の挨拶がどうなるかは企業などによっても異なりますが、同じフロアの人間に挨拶する際は、端に入る人間にも声が届くように意識する必要があります。声を大きくするだけでなく、響かせるにはどうするかを考えればさらに印象がプラスになります。
実際に業務を始める際や、人から教えて貰う際も挨拶や自己紹介を積極的に行い、まずは名前と顔を覚えて貰う必要があります。挨拶が良いだけでも好印象に残りやすいため、面識がない職員であってもまず挨拶する癖をつけるのは鉄則とも言えます。
注意点は初日以外でも日常的につなげなければ意味がないと言う事です。初日だけ元気で以降は元気がない挨拶になってしまうこれも悪印象になってしまいます。また、職種や業界によって挨拶の常識も変わってくるため、その点も注意が必要です。
未経験の業界に飛び込んだ時は先輩から基本的な挨拶を教えて貰う等、心配りをする事で好感度も上がっていくのです。

●退職理由の例文・サンプル集

25-(お役立ち情報)退職理由の例文・サンプル集(320x240) 現在、会社員として会社に従事している方がたくさんいますが、そこを退職し、転職活動で新たに 仕事を探すときには、転職を希望する会社に、前職の退職理由を聞かれるケースがほとんどです よね?
しかし、多くの方がこの退職理由を聞かれて、うまく答えるのが苦手なのではないでしょうか。もち ろん、すごく上手に退職理由をスラスラとはっきり答える人もいますが、あまりうまく伝えられなかっ たケースや、良いアピールができなかった人もたくさんいるはずです。

そこで、その退職理由の例文やサンプルなのですが、これは書店にある転職本や、インターネット でも書き方例などが記載されているので、まずは、それを参考にしてみてはいかがでしょうか。

一般的に、退職理由はマイナスなことをあまり言わず、できるだけプラスに伝えるのがいいとなって います。

例えば、「前職はとてもやりがいがあり、仕事も充実していたのですが、何と言っても残業が非常 に多く、睡眠時間がなかなか思うように取ることができませんでした。そこで、御社の平均残業時 間の少なさと、安定した経営方針に魅了され応募いたしました」などであれば、けっこう積極的に 感じませんか?

これが、「前職は給料が安く、残業が多いので大変でした。御社は残業が少なそうなので応募しま した」などという理由であれば、まず不採用になりますよね?
ちょっとした言葉の違いで、全く違った展開になりますし、少しくらいオーバーでもいいので、なるべ くやる気とその転職先に入社したいという思いを、強く伝えることが大切です。

そうすることができれば、やはり、転職活動が成功するチャンスがかなり高いのではないでしょうか 。
現在では、非常に厳しい世の中になっていますが、それでも全く仕事先がないわけではないので、 あなたがしっかりとご自身をアピールすることができれば、きっと良い転職活動になるはずです。
転職活動はとても大変で労力と手間がかかりますが、それでも最後まで諦めなければ、良い転職 先に入社できるでしょう。

✿転職活動一般✿

●転職活動失敗しないコツ

26-(お役立ち情報)転職活動失敗しないコツ(320x240)転職活動といえば多くの人にとって気が進まないものであることは間違いありません。慣れた職場を離れると言うことは辛い部分も多いですよね。しかし、転職活動を成功させることは重要なものです。そこで、転職活動に失敗しないためのコツについてまとめてみました。
 

・なぜ転職するのかを明確にしておく!

会社が倒産してしまった、クビになってしまったといった止むにやまれぬ事情を除くと、あなた自身の中に転職したい理由があるはずです。しかし、「よりやりがいのある仕事がしたい」「雰囲気の良い会社で働きたい」といったあいまいな理由で転職を決めてしまうと、次の職場でも同じ失敗を繰り 返す可能性が高くなってしまいます。
「キャリアアップのため」というように明確な目的意識を持って転職活動を行いましょう。

・応募先の企業の情報収集は確実に!

転職後になって、入社前の期待と実際の会社の様子にギャップを感じる人は多いようです。また、その会社の仕事内容に自分が合っていないと感じる人もいるようですね。こういった入社前と入社 後のギャップは、転職に失敗したと感じる大きな原因となります。
応募する企業を探すときは、出来る限りそのギャップを少なくするために、しっかりとその企業につ いて調べておくべきです。大きな会社だから大丈夫だろうとイメージだけで選んでしまうと、何度も 転職を繰り返すことになるかもしれません。
求人情報をしっかり読み込んだり、企業のサイトや転職コンサルタントなどを利用して、しっかりと企業情報を確認してから応募するようにしましょう。

・条件に優先順位をつける!

できるだけ良い待遇で、やりたい仕事ができる人間関係の良い職場で働きたい。それは誰もが考えることです。しかし、すべてにおいて最高クラスの転職先だけを探していては、いつまでたっても転職活動を終えることができません。自分が絶対に譲れない条件をあらかじめ選択しておくことで、例え理想に外れた部分があったとしても転職を後悔することは少ないのではないでしょうか。