お役立ち情報

●退職挨拶の仕方とマナー

22-(お役立ち情報)退職挨拶の仕方とマナー(320x240)あなたは今現在、転職をしたいとお考えではないでしょうか?もし、そうお考えであれば、今勤めている会社を退職する可能性がありますが、やはり、できればできるだけ円満に会社を退職したいですよね?
そうであれば、当然のことながらスマートな退職方法で転職をしたいはずです。そのためにはやはり、退職挨拶などのマナーも大切ですよね?

いかによい印象で退職できるかで、大きく会社に与える印象が変わってくるのです。
もし、かなり後味の悪いようなやめ方をしてしまうと、後々困ることも多いでしょうし、自分自身もあまり気分はよくないはずです。
そのために、できることならスマートに退職ができる方法を考えていく必要があります。会社を辞めるときにはできるだけ早い段階で、会社の上司などに相談をし、退職することになっても、他の方が迷惑を被ることがあまりないようにしなければいけないでしょう。

それがやはりマナーになりますし、社会人としてのルールではないでしょうか。もちろん、急に何かの都合で退職をしなければいけなくなることもあるかもしれません。

そんな場合にでも、法律であれば2週間前に前もっていっておけば退職できるとなっていますが、できれば1ヶ月以上前から退職準備に取りかかれるようにしたいところです。

そうすることによって、引継ぎの方や新しく人を募集する場合においても、あまりロスがありません。
しかし、これが急に退職となるとそれができないために、やはり早い段階から退職の相談をするのがよいでしょう。

それは当たり前のことなのですが、いざしようとすると難しいために、スマートに退職をできない方もたくさんいるのです。
社会的な信用をなくさないためにも、ちょっとでもクリーンに退職するほうがいいはずです。
そうすることによって全く後味が悪くないですし、自身も気持ちよく次の転職先へ移動できると思います。

挨拶はかなり大事ですが、それは退職時にもいえることなのです。挨拶とマナーは社会人にとってとても重要なことになります。

●失敗しない退職の伝え方

23-(お役立ち情報)失敗しない退職の伝え方(320x240)たくさんの方が、今も転職について考えていると思いますが、転職をするときには、まずは、現在勤務している職場に退職の意思を伝えなくてはなりまんが、その伝え方って難しいですよね?


しかし、その退職するということを、なかなか伝えにくかったり、どのように会社に伝えればいいのか、けっこう難しい場合もあるはずです。

例えば、今かなり大切なプロジェクトを任されていて、自身がそれを担っているのであれば、とても辞めるとは言いにくいと思います。

もちろん、法律上は2週間前までに言えば、いつでも会社を退職できるというようになっています。
それでも、やはり退職の意思を示すタイミングは難しいですよね。できるだけ早く会社に伝えるのも大事ですが、かなり大切な仕事を任せられているときって、すごく辞めづらいと思います。

もし、予め大切なプロジェクトを任されることがわかるのあれば、その段階で言えばいいのですが、もうすでに任されてからだと、途中で辞めづらくなります。
そのために、ちょっと退職を躊躇してしまうかもしれませんが、もし、魅力的な転職先があったのであれば、やはり退職することを伝えることも大事です。

後で後悔しないためにも、できるだけ早い段階から退職準備に入っておいて、いつでも辞められる状態のときがあれば、そのときに退職する旨を会社に伝えましょう。

失敗しない退職の伝え方には、もちろんいくつかあるのですが、大切なことは会社に迷惑をかけないようにすることです。

いきなり、今日で辞めますや、今週で辞めさせてくださいというのは、アルバイトではいいかもしれませんが、正社員として働いているのであればかなり迷惑がかかることがありますよね。

そのために、なるべくそうなる前に、ちょっとでも早い段階で、退職意思を伝えておいたほうがベストです。

さらに、せっかくよい転職先に行けそうなのに、会社を辞めるタイミングを逃してしまい、チャンスを棒に振ることも少なくはありません。

そうならないように、退職の伝え方というのはすごく重要ですし、信頼できる上司などがいれば、その方にまずは伝えてみるのもいいのではないでしょうか。