お役立ち情報

●面接時の長所・短所の伝え方

45-(お役立ち情報)面接時の長所・短所の伝え方転職を希望する企業との面接で必ず行わなければいけないのが自己アピールです。自己アピールでは、自分の過去の仕事の実績や経験を簡潔にまとめ、自分が相手企業にとって雇う価値のある人材であることを伝える必要があります。この時に大切になってくるのは、自分の長所をさりげなく相手に伝わるように工夫することです。仕事で苦労したエピソードを話すのであれば、試行錯誤の末に効率を何倍も上げることに成功した事例を挙げたり、取引先に褒められた経験を話すようにします。逆に面接時にやらない方が良いことは、自分の長所を直接、面接官に話してしまうことです。例えば「自分は自信があるタイプで、周りの人間を引っ張っていけるようなリーダーシップがあります」と長所をアピールしても、面接官には本当のことなのかどうかがわかりません。面接官にリーダーシップがあることを伝えるのであれば、実際にチームのリーダーとして活躍したストーリーを話すことが重要なのです。このように長所を話す時は、伝え方に工夫をする必要があります。
また面接官に短所を聞かれることがありますが、本当の短所を述べると面接官の印象が悪くなってしまいます。できるだけ長所に見えるような短所を話すことがポイントになります。たとえば「集中すると周りが見えなくなり、仕事を早く終わらせ過ぎてしまう性格である」と言えば、短所のように見えて実は仕事を早くこなせるという長所をアピールすることができます。他にも「営業をしたらお客さんから入る電話が多くなりすぎて、アフターケアが遅れた」といったことも、さりげなく自分には営業力があるという長所を伝えていることになります。このように伝え方一つ変えるだけで印象は随分と良くなります。短所をストレートに言えば、正直者と思われる可能性はありますが、短所を上回る長所を持ち合わせていないと面接官は採用したいとは思わないはずです。短所を正直に言う場合でも、あまり悪く思われないような些細な点を短所として話すのが賢明と言えるでしょう。

 

●一般常識のテスト必勝法

46-一般常識テスト必勝法一般常識のテストは、求人に応募しているところの中に、含まれている可能性があります。転職をしたいと思っているのであれば、そのような場面に直面する可能性もありますので、もし遭遇する可能性があるなら、必勝法をマスターしていなければなりません。一般常識というのは、普通に持っていて当たり前とされていますが、逆に言えば持っていないことがわかってしまうと、それだけで採用されない可能性が出てしまうのです。
常識というものは、文献を読んでおけばいいとまで言われていますが、決してそのようなことはありません。最近の必勝法としては、インターネットを活用しているものがあります。ネットには、一般常識のテストに対する情報が掲載されていて、こうした問題が転職の際に出されていると書かれています。この内容を見て、新しい常識についても知っていなければならないことで、特にビジネスに必要な常識については、ネットを見て知っていることも大切になります。
また、日々の生活の中で、これは常識だと思っていることをメモしておきます。これをやらなければ駄目だなとか、これをやってはいけないことをメモしておいて、ネットで確認を取ります。本当にいいと判断されているものは、そのまま記憶として残しておき、駄目なものは是正するなどして、自分で変えなければなりません。このように一般常識としてわからないところは、本当に正しいものが記載されているものと、自分の行動を比べて覚えていくことが大事になります。
転職をしたいと思っている人にとって、一般常識というのは簡単に出来るものと思われるかもしれません。しかし、常識だからこそ、ミスをしてはならないとされているので、失敗しないように気をつけてください。日々の生活で感じていること、そして本当の常識として掲載されている情報源をうまく利用して、自分が持っている認識との違いを知り、間違っているなら直して覚えられるようにしてください。

 

●資格を取った意味をうまく伝えるには

47-(お役立ち情報)資格を取った意味をうまく伝えるには転職をすることになる場合、資格を取得することによって、それにメリットを与えなければなりません。転職をすることで、自分が持っているものをアピールして、会社側にいいイメージを持たせることが、凄く重要になります。ただ、持っている資格を取った意味を説明しないと、そのメリットを得ることが難しいです。適当な説明では、会社側が取った意味を理解してくれることはありませんので、伝えるために必要なことを覚えておかなければなりません。 その資格が、会社に入るために必要なものであれば、御社へ入るために取得した資格であり、仕事をさせていただきたいと思っているという意味を持たせることが出来れば、特に問題はありません。元々資格というのは、会社が必須としているものもあれば、特に必要のないものもあります。必須資格は絶対に取らなければなりませんが、取得したことの意味を伝える場合は、入りたいがために取得している資格であることをアピールしなければなりません。 逆に、特に必要のない資格を取得して、面接で伝えることになった場合、どうすればいいのかが難しいです。この場合は、将来的に役立つと思ったからでは駄目で、何故将来的に役に立つものと考えられたのか、その説明をしなければなりません。持っていることで、会社内で何らかの管理が出来るようになるとか、様々な仕事を行える人材であることをアピールしつつ、取得した理由を確実に説明しておくことが重要になります。適当な理由、簡単な理由では駄目です。 資格というのは、取った意味を持っていなければなりませんし、それを伝えることによって、会社として採用したいかどうかの判断が行われます。必須の資格なら、取ったことが会社へ入るためという理由が付けられますが、必須でないものは、何故取得したのかの理由を説明して、こうした仕事が出来るというアピールをしてください。アピールに成功すれば、それだけ多くの仕事を行えるようになり、採用される確率もアップします。