お役立ち情報

✿その他✿

●人材派遣会社を利用するメリット

%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7 現在、転職を行う人が人材派遣会社を利用して転職するケースが増えてきていますが、人材派遣会社を転職時に利用する事にどのようなメリットがあるのかを具体的にイメージする人はそれほど多くありません。
しかし、転職時に人材派遣会社を利用する事は転職を行う人にとって数多くのメリットを享受するのは事実であり、それらのメリットが自分が転職する際に有利に働くかどうかを見極めた上で転職の際に人材派遣会社を利用すると効率良く転職活動を行う事が出来ます。
人材派遣会社を利用して得られる具体的なメリットとしては、「退職する会社の退職交渉についての円滑な退職を行うアドバイスをしてくれる」「就職が内定した際の条件交渉を人材派遣会社に任せる事が出来る」「転職時のスケジュールの調整や就職後のスケジュールの調整などの雑務関係の代行をしてもらえる」「転職の際に必要なレジュメの作り方や各企業の適性検査の対策、面接官による面接への対策などについてアドバイスしてもらえる」「一般公開されていない求人情報を提供してもらえる」「企業のホームページ上に記載されていない情報を教えてもらう事が出来る」「将来のキャリアパス時の時にどのような行動を取れば良いのかなどの具体的なアドバイスをもらう事が出来る」「転職を希望する企業の採用状況と採用動向を知らせてもらえる」「転職希望者の学歴や職歴、スキルなどを総合的に判断して客観的な評価をしてもらえる」などがあり、これらのメリットの内、どのメリットが自分にとって有用なのかを見極める事で効率良く転職活動を行う事が可能となります。
人材派遣会社を利用する事のメリットにおいて特筆すべきなのは、企業が一般には公開しづらい求人情報についても人材派遣会社であれば情報が提供され、転職希望者に情報が渡される、というメリットです。
なかなか外部からは分からない企業の非公開の求人情報が欲しい場合には、人材派遣会社を利用する事で思わぬ求人情報を手に入れる事が出来るケースも珍しくありません。

●派遣で働く5つのメリット

40-(お役立ち情報)派遣で働く5つのメリット(320x240)派遣で働く選択には5つのメリットがあります。1つ目は、未経験でも応募できる求人があることです。経験は雇用形態に関係なく、働く上での強い武器になります。また、アルバイトやパート、派遣といった非正規雇用よりも正社員の正規雇用の方が経験を重視される傾向が強いです。就職であれば職歴は問われませんが、転職になると職歴が重要になります。そうなると、未経験では応募が難しくなります。しかし、派遣は経験者だけではなく、未経験者向けの求人も充実しているため、仕事発見しやすいです。メリットの2つ目は職歴になることです。非正規雇用といっても、業務に従事していたことに変わりはありません。そのため、派遣から他の雇用形態への転職を目指す場合、派遣という職歴を活かした仕事探しが可能となります。メリットの3つ目は、細かい部分まで条件を指定できる点です。派遣では、時給や勤務形態、勤務日数、仕事内容など、様々な条件を指定可能です。希望している条件を指定できるということは、より理想に近い形での就業を実現できます。派遣に登録した希望条件を変更したい時は、派遣会社への連絡が必要です。登録後は条件に基づいた求人を電話やメールでお知らせしてくれるため、見逃してしまう可能性を下げることができます。メリットの4つ目は、次の仕事を紹介してもらえる点です。派遣先での雇用期間が終了した場合、引き続き派遣として働きたい場合は求人を見ることになります。そこで、雇用期間の終了が近づいた時に次の仕事を紹介してくれる派遣会社があります。以前と似ている仕事、条件に合う仕事を紹介してくれるため、仕事を探すための時間を短縮できます。メリットの5つ目は、サポート体制が充実している点です。派遣先の企業で働いている時、困り事や悩み事が発生する場合があります。自分で解決できることであれば問題ありませんが、解決は難しいと感じた場合は派遣会社へ相談することで解決可能です。

✿成功例✿

●第2新卒から就職を成功させる秘訣

41-%e3%81%8a%e5%bd%b9%e7%ab%8b%e3%81%a1%e6%83%85%e5%a0%b1%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e6%96%b0%e5%8d%92%e3%81%8b%e3%82%89%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%82%92%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%95%e3%81%9b%e3%82%8b%e7%a7%98近年では学校卒業後に就職したものの3年以内に仕事を辞めてしまう人が増加傾向にあります。
こうした人の事を第2新卒と呼び転職を考える際には重要なポイントになってきます。

そもそも企業としては長く勤めて欲しいと考えているため短い期間での離職経験がある人を採用しにくいという考えがありました。
しかし、近年では企業も人材育成にかけられる費用が少ないため基礎の部分ができている第2新卒を積極的に採用する場合も出てきています。
第2新卒の職探し成功の秘訣は企業の求める社会人としての基礎ができている人材であるという点をアピールすることにあります。

企業としては最低限の基礎が出来ていて新人育成のコストが削減でき、かつ今後長期的に働いてくれそうな人材を探しています。
社会人としてのマナーを理解しているという点は新卒や既卒よりも有利に働きますし、経験者よりも若いという点は単純に長期的に働けるというアピールポイントになります。
一方で採用してもすぐに辞められてしまうのではないかと常に考えてしまうのも仕方のない事ではあります。

そこで第2新卒として前の会社でどういった事を学んだのかをアピールしつつも、辞めた理由を前向きに説明できるようにしておくことが重要です。
以前の仕事が嫌で辞めたというのでは印象はよくありませんが、もっと別の仕事の方が魅力的でどうしてもやってみたかったという理由であれば印象は良くなります。

第2新卒の面接では間違いなく以前の仕事を辞めた理由を聞かれますから確実に回答を用意しておくようにしましょう。
辞めた理由をアピールポイントに変えてしまう事が成功の秘訣になります。

また、仕事を辞めてから次の求職までの期間を開けない事も重要です。
とにかく仕事を辞めてからすぐに次に繋げた方が成功率はぐんと上がります。
期間が空いてしまうと、やはりやる気が感じられなくなるなどマイナスのイメージが拭えません。
やむおえない理由がある場合を除いてすぐに活動を始めた方が就職しやすくなると言えます。