お役立ち情報

●転職の成功例と失敗例

27-(お役立ち情報)転職の成功例と失敗例(320x240)不景気の今の状況でも、たくさんの方々が転職活動を行っていますよね?
やはり、その転職を果たすまでには様々な苦悩やストレスがあるかと思いますが、できるだけスムーズに転職できるのが ベストなはずです。
しかし、なかなかそう簡単にうまくはいかないでしょうし、多くの苦労があるでしょう。転職活動というのは、やはり、それほ ど大変なことですし、おそらく悩みが尽きないと思います。

もちろん、すぐに「転職」に成功する方もいらっしゃいますが、ほとんどの方々はそうすぐには結果が出ないと思います。
そこで、転職の「成功例」と「失敗例」を挙げていきます。

まずは成功例なのですが、これはあなたにマッチする希望職種であったり、あなたの能力に合う会社へ転職を果たすこと ができれば大成功ですよね?当然、お給料の面であったり、職場環境や周りの方々との円滑なコミュニケーションを図る ことができる職場であれば、それはかなりの大成功ではないでしょうか。
やはり、いくら良い条件であったとしても、ご自身があまり周りの方たちと馴染めなかったり、円滑なコミュニケーションを取 れないような職場であれば、それは転職に成功したとは言えないかもしれません。

当然ですが、他の方々とうまくやっていきたいですよね?なので、できるだけ積極的に自分から輪に加わっていけるように 、日頃からしっかりと良いコミュニケーションを図るようにしましょう。

次に転職の失敗例ですが、これは当たり前のことですが、やはり、ご自身の能力に合っていないような職場に転職したり 、面接を受けに行くことになります。仕事は遊びではないため、どこでも良いというわけにはいかないですよね?
当然、ご自身の能力に合う職場環境が良いですし、無理に能力に合わない会社にチャレンジする必要はありません。

もし、仮にそこへ転職できたとしても、おそらく長続きしません。そうなってくると、次の会社へも響きますし、ご自身にとっ てもあまり良くありませんよね?そのため、できるだけご自信の能力にマッチする会社選びを心がける必要があるのです。

●転職活動の始め方

28(お役立ち情報)転職活動の始め方(320x240)転職しようと考えたらまずは準備をしなくてはいけません。どうして転職を考えているのか、理由ははっきりしているでしょうか。
転職の理由がはっきりと決まっていないと、志望動機が曖昧になってしまいます。
もちろんスキルアップしたいとか今より良い待遇のところで働きたいとか、皆さんある程度同じような理由となることが多いですが、その中でも応募する企業を選んだ理由は明確にしておかなくてはいけません。そのためにもどういった企業で自分が今後活躍していきたいのか、自分のこれまでの経験をどのように活かしていきたいのか、しっかりとまとめておきましょう。これらをはっきりとさせておくことで求人情報を探す際にも、条件を絞って検索できるので時間が省けます。沢山ある求人でもその中で自分がこれだっと思えるものはきっとわずかしかないと思います。それを早く探すためにも自分の転職の目的、
そして自分の持っている強み、はしっかりさせておく必要があります。
求人情報の検索はネットで行っている人が多いです。もちろんハローワークに行くのも
良いのですが、ハローワークとネットの両方に求人を出している企業も多いです。
ネットからの応募は書類選考の代わりにネット上での選考が行われることが多いので、
エントリーフォームはしっかりと入力しておきましょう。どの企業でも通るように作られているものはすぐに分かってしまいます。内容は応募先ごとにしっかり考えてください。
キャリアカウンセラーを利用することで、どのように自己PRしていけば良いのかなどアドバイスをもらえます。職務経歴書の作成はとても重要です。職歴をただ書いて並べただけのものでは何ができる人なのか、何をアピールしているのか分かりません。今までの自分の経験を一度紙にまとめてみると良いでしょう。そしてそこから得られたこと、失敗したことなどを細かくまとめていくことでどういったことが得意なのか客観的に見ていくことができます。転職活動をこれから始める人は、まず転職の目的・そして自分の強みについてしっかり考えてみてください。

●転職活動の流れと知っておきたいこと

29(お役立ち情報)転職活動の流れと知っておきたい事(320x240)転職活動の流れについては、行う前に確認しておかなければなりません。基本的に求人を見つけて、気になっている求人に応募します。応募した後、面接を受けさせてもらえるなら、実際に会社へ行って面接を受け、最終的に採用されるようならその通知を連絡によって受けることとなります。これによって転職が可能となりますが、この流れの中には様々な要素が加えられており、適当に考えていてはいけない部分が多数あります。
まず求人を見つけるポイントですが、求人によってはすぐに面接となるか、書類選考をするかが書かれています。また必要とされている書類がかなり多い場合もあれば、そんなに多くない場合もあります。もしかなり多くなっている可能性があるなら、それだけ見られる可能性が高いことになり、厳しい審査を受けることとなります。審査の内容次第で、書類選考落ちもありえることなので、こうした確認をしっかりやっておかなければなりません。
次に応募する場所についてですが、直接応募するのか、ハローワークのように何かを経由しなければならないかをチェックしてください。直接応募できるようなら、書類を郵送しておけば応募可能となりますが、何かを経由する場合は絶対にやらなければなりません。紹介状などが必要となる場合もあり、これがなければ面接を受けさせてもらえないこともあります。そうしたことが無いように、しっかり確認して面接を受けられるようにしてください。
流れとしては簡単なもので、求人を見つけて応募して、面接を受けることによって合否をもらうことになります。ただ流れの中で、何かを経由しなければならないこと、選考が複数用意されている点には気をつけてください。特に大手の場合、転職の面接でも複数回行われるケースがあり、何度も面接を受けないと採用されないこともあります。その都度対策をする必要があり、面接で駄目なことを言わないように、様々な情報を知って対策を進めることも大事です。