京都にまつわる様々な情報

京都にまつわる様々な情報

 

京都のお話 vol.111

崇仁新町(すうじんしんまち)

京都駅から東へ徒歩五分でたどり着ける元気な屋台村

〒600-8207 京都府京都市下京区上之町(塩小路通)19-6 (塩小路高倉の交差点角地)

平成30年(2018年)2月、京都駅周辺に新しく出来た新名所のご紹介です。
京都芸術大学が移転してくるまでの間、当該敷地に当たる一角において屋台村がオープンいたしました。
京都芸大生及び、大学院生の方々が企画や運営、飲食空間のしつらえからテーブルなどのデザインなど制作面やマネジメントなど全てに関わることで、屋台村の随所学んでこられた力が注ぎ込まれている様です。
場所は京都駅の北側、中央出口(京都タワーが見える出入り口)から外へ出てから(向い側へ信号を渡らず)、そのまま右へまっすぐ5分ほど進むと、新しく出来た屋台村の「崇仁新町(すうじんしんまち)」へすぐにたどり着く事ができます。
少し暗くなると、たどり着いた時に崇人新町だけが周囲と比較して凄く明るく賑やかなのですぐわかります。

基本的に営業日と営業時間は、飲食店毎に異なる場合もある様ですが…
● 平日は17時~23時まで。
● 休・祝日は12時~23時まで。
となっています。

2018年11月の情報では沢山の外国人観光客の方々も崇人新町へ訪れているとの情報がありますので、お酒や屋台での食事を楽しみながらいわゆる「駅前簡単留学」をしたい方にはオススメのスポットかも知れません。
ちなみに…屋台を切り盛りする人たちはみな地元の住民で、専門の飲食業者ではないそうですので、正直に言ってしまえば決して【安くはない】のですが…「ちょぼ焼き」等の地域の『懐かしいソウルフード』が味わえるのもこの屋台村ならではの「だいご味」のひとつだと思います。